サンプル画像

雇用契約

雇用契約とは、企業に雇ってもらう際、どのような条件で雇われるのかを確認するものです。雇用契約では、雇用主と被雇用者の関係で成り立っています。雇用契約の際は、被雇用者は企業で仕事をするうえでの条件が書かれている書類をもらうかと思います。このような書類は労働基準法第15条で、労働に関する条件を書面にして、被雇用者に示さなければなりません。書面で確認したことのある人はわかるかもしれませんが、雇用契約期間、勤務場所、勤務時間に関すること、賃金に関すること等が記載されています。以前、ニュースで、某ファーストフード店で雇われ店長に対して残業代が支給されていなかった内容のことが報道されていました。社長には、労働基準法は適応されませんが、雇われている人には、労働基準法が適応されます。この場合は、裁判で支給されてなかった残業代を支給するといったような判決が出ていたかと思います。不当な扱いを受けないためにも、書面で雇用契約内容を確認していくことは重要なことなのです。次は、雇用契約する際に注目してほしい時給、交通費について紹介したいと思います。

ヘアメイクについてはヘアメイクの仕事で学ぶ

関連リンク