サンプル画像

交通費

雇用契約する上で、徒歩や自転車以外で通勤している人にとって交通費が支給されるかどうかというのは重要です。車やバイクと言った通勤では、ガソリン代が出ると言われていますが、会社の駐車料金をひかれたりして、マイナスになるという人もいるようですし、ガソリン代も十分に支給されていないことが多いようです。その点、公共交通機関を利用している場合、上限がありながらも、よほどの距離や高額路線を使っていなければ、満額支給されているはずです。首都圏の場合は、会社に行くまでのルートがいくつもあり、会社によっては一番安いルートで支給しているところもあるようです。派遣社員の場合、交通費が時給に含まれていることが多く、やりくりしている人もいることでしょう。また、交通費が時給と別に支給されている場合でも、上限額が低めに設定されていることが多いようです。雇用契約する際は、交通費がどのくらい出るのかしっかり確認する必要があります。

リラクゼーション情報はリラクゼーションを仕事にしよう
リラクゼーションのことならお任せ

関連リンク